MENU
・TOPページ
・インフォメーション
・プロフェッショナルの横顔
【税理士・FP】
・前嶋 修身
【社会保険労務士】
・堀口 正史
【不動産鑑定士】
・森田 祐孝
【弁護士】
【司法書士】
・笠原 修一
【宅地建物取引士】
・関口 昭雄
【土地家屋調査士】
・梁瀬 勇治
【生命保険(法人)日本生命】
・竹内 淳行
・これまでの研究テーマ
・Q&Aコーナー
・ワンストップサービス事例


■ 土地家屋調査士  梁瀬 勇治 ■

梁瀬土地家屋調査士行政書士事務所

〒360-0816 熊谷市本石2丁目45番地
TEL 048-528-0070 / FAX 048-528-0071
E-mail. yanase@to-ki.jp

土地家屋調査士の仕事 皆様の大切な財産である、土地や建物の所在・種類・面積にかんして調査及び測量して、図面を作成したり、法務局(登記所)に申請する専門家です。土地・建物の調査・測量及び申請について、お客様からの依頼内容を充分に理解し、法務局をはじめ関係する官公署及びその他の資料をできるだけ収集し、隣接する地権者や建物の所有者との立会確認を行います。
  1. 土地の場合
    ・土地表示登記
    道路等の払い下げ等により新しく登記簿を作る登記申請。
    ・分筆登記
    一筆の土地を分割する登記申請。
    ・合筆登記
    隣接する土地をひとつにまとめる登記申請。
    ・地目変更登記
    土地の現況が登記簿の記載と変更したときにする登記申請。
  2. 建物の場合
    ・建物表示登記
    建物を新築したときに新しく登記簿を作る登記申請。
    ・変更登記
    増築して床面積が増えたり、一部取り毀して床面積が減ったときにする登記申請。 ・建物滅失登記
    建物を取毀し等を行ったときにする登記申請。
  3. その他
    ・申請業務以外では
    隣接地との境界が不明なとき、立会・確認の上、調査・測量をして境界標を設置する業務など。
Copyright (C) 2004 "e-station" All Rights Reserved.